2010年12月05日

NASAが新生命体を発表

先日 宇宙人の存在をNASAが発表? を書いたが、
その会見が2日(日本時間の3日)に行われた。

内容は・・・宇宙生命体とはまた違った話だった。。。
やっぱりね。
いや発表されたこちらのほうも実はすごいニュースなんだが。

見つかったのは生物の分子に必要な元素を他の元素で置き換える生物。
今まで生物は使わなかったヒ素を取り込む細菌のニュースだった。
と言う事で宇宙生命体発見!と言うニュースはガセだった。とほほ。


生命体は炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄と言う元素が必要で、これが無ければ生命は存在できないと思われてたんだが、この細菌はヒ素を取り込むだけでなく、DNAでリンをヒ素に置き換えていた。
ということはリンが無くても生命体が存在できる可能性が出てきたわけで、宇宙の生命体を探す時ときにもそういった元素がない星を除外せずに探す事で範囲が変わってくる。ヒ素も探査する対象になる。
というより、他の元素を利用する生命体もけっしていないとは言えなくなる。

とはいってもこのDNAを置き換えるのは実験室の中の環境の話で天然の世界で確認はされていない。
今回の発見は生命誕生の条件を変える話で、大発見ではあるけど、
ET発見ではなかった、という話だった。
でもNASAが新生命体について発表・・・という情報があれば宇宙人なりの話が流れるのも無理はない。
けっこうな大手ニュースでも流れてたからね。
ちょっとがっかりしちゃった人も多かったかもしれない。



タグ:NASA 生命体
posted by 科学レッド at 19:19 | Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。