2011年02月19日

歯のねばねばの元の酵素を解明

虫歯の元は食べ物のカスだ。
この食べかすが分解されてねばねば状の物質が歯にまとわりつき、そのねばねばの中で細菌が繁殖して酸を出す。
酸によって歯が溶かされて虫歯となる。

このねばねば成分を作る酵素の構造が解明されたそうだ。

虫歯のもと「ねばねば」作る酵素、初めて解明
 虫歯のもとになる“ねばねば成分”を作り出す酵素について、静岡県立大などの研究チームがその立体構造を初めて解明したと17日発表した。

 この酵素だけをねらい撃ちし、虫歯を効果的に予防する薬などの開発に役立つと期待される。

 虫歯は、糖分の一種で粘着性の「グルカン」にすむ細菌から出る酸が、歯を溶かして起こる。グルカンは歯周病を起こす歯垢(しこう)の原因にもなる。グルカンを作るのはミュータンス菌の出す酵素「グルカンスクラーゼ」で、でんぷんを分解する酵素アミラーゼなどと似た構造だが、詳しい違いまではわからなかった。

 同大の伊藤創平助教らは、この酵素を人工的に大量に作り出すことに成功。X線を使って分析した結果、アミラーゼにはないらせん状構造の部分などが、グルカンを作り出す機能にかかわっていることがわかった。グルカンスクラーゼの働きを邪魔する物質には、緑茶に含まれるカテキンがあるが、立体構造がわかれば、他の食品での探索や化学合成の手がかりになる。


このねばねばグルカンを作るグルカンスクラーゼを邪魔する物質が出来れば、それを使って口の中にグルカンが出来ないようにして、虫歯にならないように出来るわけだ。
早く作ってくれないかな。
どんなに虫歯予防に画期的な発見となるか。



タグ:虫歯 酵素
posted by 科学レッド at 22:11 | Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。